2023年9月27日 4:52 AM

「フォトフェイシャルはアンチエイジングにも効果的」って本当?


シミやソバカス、毛穴の開きなどこんな肌トラブルにはフォトフェイシャルが効果的。肌のハリを取り戻したり、美白効果もあるなど、アンチエイジングの分野でも注目されています。美容医療を取り扱っている皮膚科などでも施術を受けられます。
クリニックと自宅のどちらでフォトフェイシャルを取り入れるのが良いのか

IPLという光を使っている施術

フォトフェイシャルで使用されている機器の違いも知っておきましょう。
フォトフェイシャルではIPL(インテルス・パルス・ライト)と呼ばれる光が使用されています。さまざまな波長の光が複雑に組み合わさった特殊な光です。

肌に有害な紫外線を取り除くフィルターを通った光が当てられるので、特にシミ対策に効果があると言われています。もちろんその他の肌トラブルも改善できます。

レーザーのように一点集中した強い光ではなく、カメラのフラッシュのような柔らかな光です。当てることによる肌ストレスも少なく、施術後はすぐにメイクも洗顔もできます。

肌の中に沈着してしまったメラニンだけに反応するので、健康な肌を傷つける心配もありません。シミやソバカスなどが目立つところだけを重点的に治療できます。
今では脱毛サロンでもフォトフェイシャルが導入使用されている

どんな効果があるのか

肌の中に沈着してしまったメラニンを刺激するので、シミやソバカスに最も効果が期待できます。しかしそれだけではありません。

ターンオーバーを促進してくれるので、肌がきれいになります。肌の自己再生能力がアップし、ハリやツヤが出るようになります。加齢による肌トラブルにも効果が期待できるでしょう。

他にもフォトフェイシャルはどんな肌トラブルに効果があるの?フォトフェイシャルは、複数の肌トラブルを改善してくれます。毛穴の開きや、シワ・たるみ、肌の中の毛細血管が広がってしまったことによる赤みなどを改善してくれます。

肌トラブル改善に有効な光だけを使っているので、肌を傷つけてしまう心配もありません。レーザーとは違い、施術後にかさぶたになるということもありません。

とても安全。でも効果の出方には個人差がある

健康な肌を傷つけず、肌トラブルを改善してくれる優しい光だけを使っているのでとても安全です。きちんと技術を習得した医師がいるクリニックであれば安心して利用できます。

トラブルが起こっている部分に集中して光を当てるレーザーとは異なり、肌全体に光を当てていくのがフォトフェイシャルです。炎症を起こすリスクも軽減されています。

ただし、効果の出方には個人差があります。施術後すぐに肌がきれいになるという人もいれば、なかなか効果を実感しにくい人もいます。基本的にフォトフェイシャルは数回にわたる通院が必要です。

フェイシャルエステとは違うの?

エステサロンが行っている「フェイシャルエステ」とは根本的に異なります。エステで行なわれているフォトフェイシャルはクリニックと使用している機器も異なり、光の出力も弱くなっています。効果もエステでは実感しにくいかもしれません。
安心して通うためにも考えたいクリニックやサロンの選び方について

しかしフェイシャルエステで期待できる効果もあります。エステでは肌をきれいにするだけでなく、マッサージも行なわれます。マッサージによって血行がよくなり、新陳代謝が活性化されればたるみやむくみも改善されることでしょう。

肌トラブルの改善のみを目的とするのであればクリニックのフォトフェイシャルをおすすめします。マッサージによる小顔効果や痩身効果を求めるのであればフェイシャルエステの方がいい場合もあります。

フォトフェイシャルでは安全にさまざまな肌トラブルを改善することができます。美白効果もあり、シワやたるみの改善もできるのでアンチエイジングの効果も期待できます。
失敗しないクリニック選びのコツ

フォトフェイシャルを受けられない人はいるのかについて


さまざまな方に取り入れていただける美肌方法。
それが「フォトフェイシャル」です。手軽で負担が少ないのが多くの人の支持を得ているのですが、「取り入れることが出来ない」という方はいらっしゃるのでしょうか。
ここでは、先のような部分について考えていくことにしたいと思います。

日光に過敏だという方

多少、日焼けをしやすいなどと言う体質の方ですと、予防対策をしていただくことによってフォトフェイシャルを取り入れていただくことはできるでしょう。
しかしながら、日航過敏症の方であるという場合、フォトフェイシャルは基本的には推奨されていません。
特に、自宅用の機械を使って自己判断で行うのはおすすめできません。
治療を受ける際注意しなければならない人がいることを頭に入れておきましょう。

妊娠期間中だという方へ

次に妊娠期間中だという方です。
基本的にそのリスクは少ないともいわれてはいるものの、やはり安全性の確保という視点から見ると、妊娠期間中のフォトフェイシャルは推奨されていないようです。
どうしても興味があるという方は、出産・産褥期明けからスタートすると良いかもしれません。

疾患をお持ちの方へ

病気を患っていて現段階で治療中である・処方薬を服用しているという方におきましても、安全性の問題から特にクリニックでの施術などは受けられないケースがあるでしょう。
糖尿病や心疾患だという場合には特にうけられないかもしれません。
よくカウンセリングで相談したり、処方薬があればそれを持参したりさらにはかかりつけの医師に相談をして見るというのも良いかと思います。

アートメイクやタトゥーについて

顔にタトゥーが入っているという方は少ないかもしれませんが、近年ブームとなったアートメークを施しているという方におきましては施術が受けられないことが大半でしょう。
光を照射するというのが基本的なアプローチとなりますので、アートメークやタトゥーに反応をしてしまい、肌に負担がかかってしまう可能性があるのです。
このことから、取り入れることが出来ないというケースが考えられるのです。

ペースメーカーやステントが入っているという方へ

心臓にペースメーカーが入っているという方。
さらには、ステントという金属が顔周辺に入っているという方におきましても施術を受けることが出来ません。
これらにフォトフェイシャルが反応してしまい、良くない状況に陥ってしまったりトラブルの要因ともなりかねないのです。
ですので、別のアプローチで美肌を目指していただくことをおすすめしたいと思います。

気になる点があるという方へ

上記のような方ばかりではなく、その他にも気になる点がある・不安な点があるという方は必ず施術決定前に相談をしてた抱くことをおすすめしたいと思います。
各サロンやクリニックで施術を受けるという場合、事前のカウンセリングというものが必須となっているでしょう。
カウンセリングは無料ですし、受けたからと言って必ず契約をしなくてはならないというわけではありませんので、気軽に話をして見るのが良いでしょう。
また、自宅用のものを使いたいという場合、不安な点があれば自己判断での使用は避けてください。
購入を検討している方は、メーカーごとのサポートセンターなどに電話やメールをして相談をして見るとよいでしょう。
自宅用のフォトフェイシャルについて考えてみよう
家庭用フォトフェイシャル購入の判断目安について

施術の可不可について考える

今回は、施術が受けられない可能性のある方について見ていきました。
この限りではありませんが、こうした判断基準を知っておくのもまた安心材料となるでしょう。

■リファレンス= フォトフェイシャル